猫中心人間

実は我が家、6月に土地の契約をしたんです。
ようやく主人が納得する土地に出会うことが出来まして…。
場所は今主人が事務所&置き場用に借りている土地から徒歩二分。
私が見つけたんですよ!!(鼻息荒めで)

140坪という、鹿児島市にしてはちょっと広大な部類に入るかもですが、元々農地なのでそれを宅地へ転用する手続きやら、市街化調整区域(都会化を抑制する地域で農家以外が家建てようとするとあれやこれや制限がかかる)に位置しているなど、乗り越える壁がたくさんでして…。まだ様々な手続きの途中で建築にGOが出ていません。
なので今は100%自信を持って「土地買いました!そこに家建てます!根をおろして事務所構えます!」とは言えないのですが、とりあえず平面図(第一版)があがってきて、それがなんだかとっても平和的だったので一部ご紹介♪



設計士さんへ主人が「自分はほとんど寝るだけなので嫁と猫たちが幸せに暮らせる家で」と要望を伝えたらしく…。

まずはきちんと確保されている猫用スペースにほっこり。



そして平面図にきちんと猫が登場。



合計でちゃんと三匹います^^

和室の上の梁を猫が移動できる造りになる予定。
ちなみに140坪中100坪は事務所兼置き場&駐車場に使うので、住居用スペースは40坪。家自体は25坪くらいの小さな平屋にします。なんせ夫婦二人なので~。
140坪あるのに家25坪っていう。身分不相応の大きな家は建てたくないのです。
そのかわり(?)中庭付きになります。

色々するの面倒くさいし家なぞいらぬ、と思っていましたが、せっかく広い土地買って家建てないっていうのもなんかどうかしてるので立てる計画で進んでいますが、いざそうなると結構楽しいです。

ちなみに参考にした雑誌は「50代からの家づくり」的な本でした^^
20代30代のは私たちのライフスタイルにしっくりこなかったんです。基本二階建てだし。
それで50代からのやつを読んでみたら「これだ…!」ってなったっていう(笑)

そして最近新しい家族が増えました。



東芝石釜オーブンレンジの「しばお」です♪

15年使った日立のオーブンレンジ(最高の相棒でした)とお別れしてこの子を迎え入れました。
冷蔵庫と洗濯機(いずれも今年1月に購入)には名前をつけていませんでしたが(普通つけない)、主人がどうしても名前をつけたいと言うもので…。空気清浄機の「パナ美」に次ぐ名前持ち家電となりました。

さて名前持ちの猫たちはと言いますと


わー!クウォル君、もふもふだねー!
可愛いねー!



わー!もふもふしながら寝たー!
可愛いねー!食べたいなー!



んがー!

…つい、クウォルに関しては理性を失いがちです。あまりにも愛らしいもので。



おや?なまこの仲間が落ちているのかな?


なまこちがーう!メルなのー!

顔顔!あくびすると肉食獣らしさがあふれちゃうよ!



脱力して舌のしまい忘れ。
なごむ~。



あれ?何かこんがりしたおいしそうなのがある~。


こんがりちがーう!しんのすけだよ!

わわわわ!だから怖いって!



あ、イケメン…。どうしましょ、めっちゃ好みのタイプ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

結婚記念日おめでとうございます!
干支一回りですか〜
私はそうか、ふた回りしたんだな〜と、今気がつきました。
しかも美味しそうなご飯だし、いいな〜(>人<;)

それに嫁と猫が幸せに暮らせるおうちにお住まいになる計画が進行中!
なんだか、聞いているだけで幸せのおすそ分けをいただいたようなほんわかした気持ちになりました。
いい旦那さまですよね。
図面に猫ちゃんたちもしっかりいるし。
確かに猫のための天上スペースがあると、一緒に住まわせてもらっている人間も心地いいです。
猫のために良いものを作って差し上げたな〜と、自己満足というか。
喜んでくれると良いですね。
それに中庭とかいろいろ楽しみ〜
どんなおうちになるかワクワク!
50代のためのおうちっていいかもしれませんよね。
私も昨年、福祉住環境コーディネーター三級をとったんですが結構自分の為になったとおもいました。
これからを考えると大切かも。
本当に素敵なおうちで、みんな幸せに暮らせますように。

No title

「嫁と猫たちが幸せに暮らせる家」
やっぱりえったんさん&にゃんずに甘いダンナさま!
ホレ直しちゃった(笑)?
設計士さんもイイヒトそう~
いろいろ課題もあるようですが、きっとみんにゃ楽しく幸せに暮らせる家ができるでしょう^^
楽しみねー♪

そしてウチも去年12年くらい使ったオーブン買い換えたのですが
パナ美ちゃんに続いてまたまた親戚(?)です!
全然使いこなせてないですけど^^;
えったんさんはケーキとか上手に焼けるからバリバリ活躍してもらえそう!

No title

わぁ~!ついに家建てちゃうんですね☆彡
それも、にゃんずも楽しめてしまうお家…いいなぁ~。
すこし平面図をのぞかせてもらっただけでも“ほっこり”して顔が緩んでしまいます(#^.^#)
市街化調整区域とかなんやらかんやらの許可申請は大変ですね。
私が以前ヘロヘロになりながらやってた仕事が、まさしく家を建てるのに必要ないろんな許可申請などの仕事だったので…
140坪って立派ぁ。なかなかいないですよ!そんな広い土地!!
家も25坪もあれば立派立派ぁ~!!しかもにゃんこ様にも理想的な家でしょぉ~。
しんちゃんたちがうらやましいわっヽ(^o^)丿

私の甥っ子が、一時父親と同じ大工の道に入った時に言ったことがあります。
「一級建築士の資格取って、猫(ペット)と快適に住める家を設計する建築家になれば!」って。もちろん、普通の家の設計はマストですが。。
なんか今思えば、私がやりたい仕事のような気がします…今はもぅ遅いなぁ~(^_^.)汗
結局は方向性を180度変えて、医学療法士!?系の方へ進み直しましたけど。

楽しみですね!!完成した家が見たいなぁ~。
なんか自分事の様にワクワクしてしまう。
天井のキャットウォークをみんなが歩き回ってるんでしょ!
しんちゃんもお客さんが来た時には安心して避難できますねっ(#^.^#)

遅ればせながら…
結婚12年。おめでとうございます。
これからも仲良く、にゃんずと一緒に楽しい人生を送ってくださいマセマセv-254

Re: タイトルなし

☆すみれいろさん☆

ありがとうございます♪
あっという間に一回りしちゃいました。
すみれいろさんご夫婦のように、ふた回りのときも仲良く迎えられたら、と思います。
ご飯もとても美味しく大満足でした^^

主人は本当猫と私に優しい人です。(特に猫^^)
キャットウォークをちゃんと猫が歩いてくれたらめっちゃ楽しい光景になるだろうな~って思います。
よく猫雑誌とかでそういうお宅を見て憧れたりしていたので実現するといいなぁ。
図面に猫ってありなんだーって初めて知りました。
わんちゃんのお宅だとわんちゃんが載るのかな。鳥だとまた可愛い図面になりそう。
そんな事を考えちゃいました。

50代からの家づくりの本、面白かったです。
基本自由度が高いんですよね。
リビングにお風呂、みたいなお宅もあってびっくり(さすがに私はそこまでの自由は求めていません)
私たち夫婦が参考にしたのは、もうお子さんが独立されていて、猫と夫婦での暮らしのための、ってやつでした。
これだ~!ってなりました。
そんでもって主人の親もうちの親もまだ元気ですがそれなりに高齢ですし、自分たちもあっという間でしょうから最初からバリアフリーな感じで造る予定です。

様々な壁を乗り越えて、主人と猫と愉快に暮らせるマイホームをゲットしたいです。

Re: No title

☆koroさん☆

なんの因果か、うちの主人は猫たちと私に優しくしてしまうという呪いにかかってしまってるようです^^
ホレ直すもなにも常にちゃんとホレてますよ(笑)
猫をちゃんと登場させてくれたってだけでも、設計士さんのいい人ポイントかなりあがりました。

乗り越えるべき課題が多いほうが人生は愉快だと思うので頑張ります!
何より猫たちが居心地いいと感じられる家に出来ればと思います。

茶トラ白の猫の名前がしんのすけであるというのみならず、家電選びも共通点があるようですね!
なんだか面白い。

koroさんがトーストが~っておっしゃってたじゃないですか?
本当、なんかトーストが…。最近のはたいていそうみたいですけど、なんか…。
その代わり(?)なんか機能がたっぷりありますね。
説明書に付属の料理数もたくさ~ん。
「誰か作って」って思いました。
koroさん、美味しそうなパン焼かれてましたよね~。
私もせっかくだから色々作ってみないとなぁ。
なんせ15年ぶりの新機種だったもんで、届いて2日くらいは怖くて使えませんでした。

Re: No title

☆てんさん☆

ありがとうございます。
結婚して3ヶ月目にはしんのすけと暮らし始めたので、主人と私の結婚生活は猫がいてなんぼです^^
これからも人間と猫、手と手(足?)を取り合って仲良く暮らして生きたいです。

一応家建てちゃう方向で動いています。
猫中心の家づくりなのでワクワクします。
平面図でほっこりする日が来るとは思っていませんでした。
猫が載っているだけで、突然可愛らしいものになるから不思議ですね。

てんさんは以前建築の許可申請などのお仕事をされていたのですね~。
そういったお仕事はキリもなさそうですし、常に追われて大変だったでしょうね。
市街化調整区域で農地なものだから広いのに安くてですねぇ~。
だからこそ乗り越えるべきものが多いわけですが…。
家族が多ければ25坪じゃ狭いでしょうけど、二人だし大抵同じ場所にいるんでコンパクトにしました。
それでも今のマンションや前の借家よりは広いのでちょうどいいんじゃないかと思っています。
とにかく猫たちが「わーい!」ってなるような家に出来たらいいなぁ。

甥っ子さん、療法士系に進んだんですね。それいい仕事だって言いますよね!
なるまでは大変だけど、なったら絶対食いっぱぐれがない、とても需要のある仕事らしいですね。

素敵なおうちを設計できる建築家さんも憧れちゃいますよね~。
自分たちで「こんな感じの~」とかって紙に描いたりしたやつなんてなんの素敵さもなかったのに、要望を伝えたらちゃんと素敵な平面図があがってきたからやっぱりプロってすごいなって思いました。当たり前のことなんでしょうけども^^

お客さんが来た時にキャットウォークからしんのすけたちが人々を見下ろしている、とか楽しそうだな~。
運動にもなるでしょうし~。
必ず完成させなくちゃですね!
プロフィール

merunosuke

Author:merunosuke
えったんです。子供の頃から猫と生活しています。
今は可愛い3匹の猫がいます。
拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード