甘えん坊おじいちゃん

じゃじゃん!!


肉食獣の目~


さてどこにいるでしょう?


密林さんのダンボールでした♪

箱専門家のしんのすけ、ちゃんとここで遊びましたよ~^^
寝てる時間もかなり多くなりましたが、遊ぶ元気もちゃんとあります。

しんのすけは私のことを愛していますが、主人のことも大好きです。
主人がいるとほっとするみたいでよく甘えます。


まるで子猫ちゃん。


この愛らしい顔!あー、天使ね?


そっと寄り添ったりするんですよ。よだれが出る可愛さですよね?


お兄ちゃ~ん


本当になんて可愛いんだろう、しんのすけ…。

ところで退院後しばらくはウェットフードを導入してもなかなか処方食がスムーズに食べられず大変困りました。
その際効果があったのが「処方食をすりつぶして粉状に→適量のウェットと混ぜて別の何かに変貌→更にトッピングで処方食と腎臓サポート系カリカリを適量」というものでした。
それでも一気には食べてくれないし途中でお布団の中や押入れに入っちゃうしで、時間を置きつつデリバリー方式でお布団の中や押入れで食べてもらったりもしていました。


えったん's キッチン

グラムも計測・何を使用したかも手帳に記録しています。

少しずつ元気になってあまり押し入れに篭らなくなり、ご飯の催促も派手にするようになると、今度はすりつぶし処方食がいやになったようです。

現在は「腎臓用処方食15gとトッピング用サポート系カリカリ5gを一旦出す→食べるのをやめたところでウェットをポタポタと3gほどトッピング→また残したら同じ事を繰り返し」で落ち着いています。
これが朝と夜。大体40分くらいかかります。

昼は「腎臓用処方食10gとトッピング3g、ウェットポタポタ」の方式であげています。15分~20分くらい。
これで一日のウェット摂取は15gくらいになるでしょうか。
ウェットは元々好きなんですが、食べた後に戻すことが多かったので本来あげていなかったんです。
でも今は力を借りないと食べないのであげています。でも吐かれるのがこわいのでジワジワあげる方式です。
黒缶よりカルカンのスープ仕立てみたいのが好みにあったようでした。

退院後一週間の血液検査の結果は少し正常値を超えるものの、大丈夫な範囲内でした。
通院は必要なく一ヵ月後に血液検査でいいそうです。
ご飯も今のような与え方で良いとの事でした。

腎臓病の場合高血圧を併発することが多いそうで、しんのすけもそうでした。
血圧のコントロールで腎臓を温存し病気の進行を遅らせることができるそうです。
それでお薬をもらってきました。今週はずっと用事があってしんのすけを観察できないので、来週からあげることにしました。その件はまた次回に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

しんちゃん

そっと寄り添ってるしんちゃんをみると、ご主人さんも可愛くてたまらないでしょうね。

良い顔してますよね!
男前ですもんね。
クールな顔つきで、そんな感じであり寄り添ってくるギャップがね~。

食事。
管理が難しいんですね。
とにかく食べてくれないといけないわけですから、すごく苦労されますね。
いろいろ試して、食べてくれたらホッとしますね。
体調悪いときはトイレのことでも、心配がありましたよね。
食事とトイレとセットですもんね。

血圧も関係してるんですね。
お薬でコントロールしながら、回復していきますね(^-^)/

No title

ラフが吐き癖があるので、参考になれば…。
ラフはおしっこをたくさんしてもらうために、ウェットフードがメインの食事なのですが、気を抜くとゲロ~とやるので(最近はあまりやらないので嬉しい)、ペットシッターさんに相談などしたら
お皿に乗せるとき、一口ずつをバラバラに乗せるといいと伺いました。
わかります?
一回分をドシャと一塊で入れないで、お皿にたくさんの水玉のように乗せるんです。
気休めかな…とも思いますがやってみてください。

こんな大変な事になっていたなんて!
今ごろすみません(。>д<)
まえはゆっくり更新だったのと、私が急に忙しくなったのでしばらくおじゃましていませんでした。
本当にお辛い思いをなさいましたね。
お察しします。
でもこうして回復してくれたこと心からお祝いしたい気持ちです。
しんちゃんも闘病や入院は心細いし辛いことがたくさんあったでしょうね。
とにかくかなり元気になったようで安心しました。
えったんさんは今年はメルちゃんも入院したし辛かった一年ですね。
だけどこうして少しずつでも元気になってくれるなんて、看病のしがいもありますよね。
本当によかった(´;ω;`)
私も通勤中にブログを拝読し、JRの中で涙がとまらなくなりました。
お化粧が崩れてひどいのなんの。
元の元気だったしんちゃんには戻れそうにないんですか?
ほんの数日間食べられないだけで、猫ってどっとふけるというか、痩せますよね。
これからも色々工夫の日々かとはおもいますが、無理しないようにしてください。
優しいご夫婦のおかけできっと元気になります!

お大事になさってください。

Re: しんちゃん

☆あさひさん☆

その通りです。
私に対しては亭主関白(?)的なしんのすけですが、主人に対しては幼い弟のようなそんな甘え方をするんです。そんな時の主人は、もししんのすけが腕に寄りかかったなら、自分が座っている状態であればそのまま寝ちゃったりします。しんのすけを動かしたくないんですね。それより自分が犠牲になる方がいいっていう考え方です。
我が家は夫婦して猫様に仕えているのでございます。

腎臓病をやると味覚が変わったりするんだそうです。皆さん食事の管理に四苦八苦してらっしゃるようでした。我が家も例に漏れず、というところですね。
トイレも本当気にしますね。
っていうかもうなんでもかんでも気にしてばっかりですけどね(笑)
大変だなって思うけど苦ではないので、こつこつ色々試しながらしんのすけと一緒に歩んでいこうと思います。

私の親が両親ともに高血圧なので、私もいずれはそうだろうと思っていましたが猫までも!
ペットと飼い主は似るというやつでしょうか?(高血圧になったのペットが先だったけど)

Re: No title

☆ぴぐもんさん☆

ありがとうございます!
実は私も今その方法でやっているんです。
一口大だとウェットしか食べてくれなくて処方食を残してしまうので、スプーンですくってつまようじで少しずつ処方食の上に乗せるようにしています(処方食はカリカリです)
本来は処方食だけを食べさせなきゃいけないんですが、少量ならウェットにも頼っていいというお達しが出たので(ウェットをメインにはできないんです…)そのウェットめっちゃ少量ずつ作戦を繰り返しながら処方食を食べさせているので時間がかかっちゃうんです。
それこそものすごいちっちゃい水玉作戦です!^^
プロ(シッターさん)の方もそういう食べさせ方をオススメされていると伺って、これからも頑張ろうという気持ちが強まりました!ありがとうございます~。

Re: タイトルなし

☆すみれいろさん☆

ご訪問ありがとうございます!
そうなんですよ、なかなかどうして大変なことになっていました。
結構青天の霹靂でした。本当にびっくり。でもどうにか生還してくれたので良かったです。
常々しんのすけの事すっごい愛してるって思っていましたが、今回の事で本当に思い知らされました。
私めっちゃしんのすけのこと愛しています。失うのが本当に怖かったです。
しんのすけは九州にゃん児で亭主関白気質なところがありますが、その実とっても甘えん坊なので私が面会に行くと本当に喜んでくれていました。喉のゴロゴロ音もすごかったし、スリスリっぷりも本当凄かったです。

メルの入院は今年ではなく去年の夏ですよ。時間の流れは早いでしょう^^
だから二年連続猫が生きるか死ぬかでわんわん泣いたって事です。でもどちらも帰ってきてくれたから本当にこんなありがたいことはないですね。

年齢が年齢なので以前と全く同じというわけにはいかないかもですが、多分元気なしんのすけに戻ってくれると思いますよ。というか元気ではあります。高いところにも乗るし、わーって走ったりもします。
味覚だけが変わっちゃって処方食を喜んで食べなくなっちゃっただけです。
とあるおやつならものすっごいがっつく事が判明したんです!でもそれはあくまでおやつですのでメインには持ってこれません。しかしそのおやつを砕いて小さくして処方食にトッピングしようかな、とも考えています(今日は買ってくるのを忘れてしまってまだ試していません)

ご心配いただきありがとうございます、そしてお化粧崩させてしまってごめんなさい^^;

しんのすけの為なら苦に思うようなことなんて何一つないので、これからも頑張っていこうと思います!

No title

しんちゃん、入院して大変でしたね。
えったんさんのお気持ち、ものすご~~~~~くわかります。
具合悪くなると、心配で悲しくなるし
よくなると、飛び上がるほどうれしいし。
しんちゃんもこのまま落ち着いて、ずっとずっと元気でいられますように。

Re: No title

☆まきっころさん☆

マリーちゃんの件で「しんのすけも腎臓のご飯食べててそれでずっと元気にしていますよ」
とコメントしたことが記憶に新しいのにまさかの急性腎不全でしたよ。
本当何が起こるかわかったものじゃないです。
しんのすけが入院した当日は本当に辛かったです。
戻すしんのすけを見るのが何より辛かったです。
腎臓病はもう治るものではないですもんね、それはもう仕方ないと割り切って、今後のケアで
一番しんのすけに合うものをしっかりやっていきたいなって思います。
しんのすけと話が出来たらな…。
プロフィール

merunosuke

Author:merunosuke
えったんです。子供の頃から猫と生活しています。
今は可愛い3匹の猫がいます。
拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード