ソファと桜島

最近ソファを買いました。



メル一匹だとすごい広い。

猫たちが爪を研いでも目立ちにくいダークブラウンの布張りタイプです。



しんのすけだとこんな感じ。

以前のソファは私と主人で私の実家に運び(意外に軽かった!)まだ現役で頑張っています。


ボク…お兄ちゃんにくっつくとほっとするんだ

これどういう状態かわかりますか?



こういう状態です。

はんてんを着ようとした主人に甘えたしんのすけ。
その後はんてんは完全にしんのすけに奪われました。
以来、このソファの上ではんてんをかぶって寝るのがしんのすけのお気に入りになりました。
本当可愛過ぎてヤバイでしょ?


ボクのプライベートを流出しないで!

ちなみにこのソファ、私が大体目星をつけておいて後日主人と一緒に見に行った際、他のソファと主人が実際に横になって比べた結果、これが一番!となって購入したソファです。

クウォルはあまりこのソファを利用しません。前のが気に入っていたのかもしれません。
最近のクウォルは、毎朝トイレ砂を強大な敵に見立ててひとしきり興奮して戦った後、



ホットカーペットに潜り込んでいます。国際的なスパイのつもりかな?(は?)


↑以前のソファとクウォルの思い出の一枚。

男の子猫と一緒に暮らしているみなさんはこういう写真撮っちゃいますよね?
こういう格好しているのを見ると、しばらくうっすら微笑みながら鑑賞しちゃいますよね?

ところで、私は鹿児島への故郷愛が結構強いタイプだと思います。
鹿児島大好き!
そんな鹿児島のシンボルといえば桜島です。
毎日すぐそばで私たちを見守っている桜島ですが、現在も活発な噴火を続ける日本を代表する活火山の一つです。
入山規制がされているので、何年も前から登山は出来ない山になっています(当然です!)
そのふもとには生活している人々がいます。



そんな桜島と鹿児島市内は24時間運行の桜島フェリーでつながれています。わずか15分!運賃160円!
でも私たち鹿児島市民は桜島に用事がないのでほぼ行くことはありません。
そこで桜島を観光してみることにしました。


桜島フェリー

桜島のHPを見ると、すごく内容が充実していました。
15分で桜島まで直行する航路以外に、錦江湾(鹿児島湾ともいう)をちょっと寄り道して50分かけて桜島に到着するという「よりみちクルーズ」なるものが毎日一便運行とのことでそれに乗ってみました!
桜島フェリーは車ごと乗れます。


両親と行きました。


フェリー内部はこんな感じ。
船内から見るもよし、展望デッキに出るもよし。
私たちは展望デッキへ。海上から鹿児島市内を眺めるという滅多にない光景、とても新鮮でした。



桜島に到着すると昭和の雰囲気あふれる「桜島レストハウス」というところへ。
ちょうど県外からの修学旅行生たちが帰るところでした。



ここで「よりみちクルーズで来ました」と伝えると写真の「くわ焼きセット」が一人前500円で食べられると桜島HPにあったので…。本当に500円になりました。



めっちゃ豪華なのに~500円~!テンションあがりました。
そしてとてもおいしゅうございました。



窓の外に猫ちゃんが。かわいいね~。
帰りに、お店の入り口にキャットフードの大袋があるのに気付きました。
ここでご飯をもらってるから来るのね。

桜島は一周が36kmですので、車で簡単にまわれます。
それなりに見所も多くあちこち寄り道。道路もきれいで走りやすかったです。
高校の時は学校で「桜島一周」を年に一回させられました。
死ぬかと思いました。8時間くらい歩きましたよ…。
今ではいい思い出ですけどね。(翌日学校休んだけど)


桜島パネルの前で

「桜島ビジターセンター」で桜島の歴史を学んだりお土産買ったりコーヒー飲んだりできます。
外国人の方々も訪れていました。


岩みたいのは全て溶岩ですよ。


これも溶岩。


こんなの降ったらダメだよ、本当…。

そして当たり前なんですけど、灰がすごい!鹿児島市内もすごいですけど、もっとリアルにすごくて全然窓開けられない!


こんなんですよ。
奇しくも私の靴が灰みたいなデザインっていう。


黒神鳥居

これは大正3年の噴火によって埋まった鳥居です。2mも灰が積もったんですよ。
このときの噴火では灰がカムチャッカ半島まで飛来したとか。


五平餅セット

途中カフェに寄りました。「かふぇはましま」というところです。
そこの女主人は岐阜の出身との事で、そこの伝統菓子らしいです。
とても気さくな方で、桜島の夜中に噴火している写真とかを見せてくださいながら色々お話をしてくださいました。
うちの親が「桜島に住んで怖くないんですか?」と聞いたら「怖くないです」との事。
噴火も日常茶飯事すぎて気にもしないそうです。
そっか~。
でもまあ、桜島そのものじゃなくても桜島のすぐ近くに住んでる私たちも他県の方からすれば「怖くないのかな?」って感じですよね。

一周が終わる直前、初めての体験をしました。桜島は4合目までは車で行けるのです(それ以降は入山規制)
どんどん登っていくにつれてなんかどんどん不安になっていきました。当然人家もないです。
桜島があまりに近くて大噴火したらもうだめだという恐怖…。



写真じゃ遠く感じますが、実際はめっちゃそこ!って感じで怯えました。
家族三人あわあわと写真を撮ってあわあわと退散しました。
素晴らしい光景でもあったんですが、なんとも言えない怖さがあったんです。



帰りは通常航路のフェリーで。
桜島フェリーは「うどん」が美味しいと有名なんです。15分しかないので急いで食べなきゃいけませんが^^
母が食べようと言うので食べました。


すっごいシンプルでしょ?

でもフェリーの上であわあわしながらも食べるこのうどん、不思議な魅力もあってとても美味しいのです。


もし鹿児島にお越しの際は是非桜島に行かれてみるのもいいかと思います。
桜島にも温泉がありますよ。次は桜島で温泉に入りたいと思います。
っていうか、鹿児島は温泉天国ですよ!あまり知られていないけど~。
県庁所在地では日本一の源泉数を誇ってるんですよ。本当知られてないかもだけど。

鹿児島最高!(あふれ出る郷土愛)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

えっ、桜島って行けるの?
ってか、住んでる人もいらっしゃるのっ?!
よく噴火して灰が降る話を聞くのに・・・大丈夫なの~?とビックリ!
しかも15分160円って、ものすごくご近所感覚(笑)
鳥居が埋まるほど積もったこともあるんですねぇ。。。
それもそんなに遠い昔じゃない。
それでも桜島を愛しちゃってるんですね~
あ、そっか。火山があるところには温泉もあるのよね。
湯布院とか別府とか九州は有名どころがたくさんありますよねー
あれ、霧島は宮崎?鹿児島??
うどんにさつまあげが入ってるのが鹿児島っぽーい^m^

Re: No title

☆koroさん☆

そうですよ、行けるし住めるんですよ!県外の方からすれば結構意外な事実じゃないですか?
私も運賃わずか160円ってのはびっくりしました。
鹿児島市の運営なので市内を走行する電車と同じ運賃みたい。
普通に桜島から鹿児島市内へ通勤・通学していますよ。
鹿児島の繁華街・天文館へは、むしろ私の住む地域(40分かかる)より桜島フェリーの方が近い!(笑)

鳥居のてっぺんが自分の目線より下にあるってなかなかない状況ですよね?
当時の噴火の凄まじさを物語っています。こういうの見るとやっぱりかなり怯えます。
それでもどこかよそへ行って帰って来た時に桜島を見ると、本当にほっとするんです。やっぱりココが一番って思えます。
私のおうちに配達に来てくださるヤクルトレディさんは、鹿児島を離れていた頃桜島の写真を持っていて、時々眺めていたそうです。そのくらい桜島ってカリスマ性があるんですよ^^

九州は温泉どころですよね。由布院や別府、黒川温泉はプロモーションが上手なので本当に全国的に有名ですよね。
鹿児島は基本的に何事もプロモーションが下手なんですよ。諸々かなりレベル高いんですけど知られていません…。まぁその分住民がのんびりと恩恵を受けていますけどね~。
ちなみに霧島は鹿児島ですよ~。鹿児島県霧島市っていうんです。

いろんなところにさつまあげは登場します。THE・鹿児島ですね!

こんにちは!
韓国旅行記も桜島ツアーも充実してますね♪
韓国のほうはガイド本にして出版したら売れそう!って感動しました。
近い国なのに私はほとんど知らなくて。
最近は「ファントム」をみて韓国ってこういう国なんだな~と思ったり。

えったんさんの文章には韓国への愛が溢れてます。
韓国の方が読んだらお喜びになるのではないでしょうか。
美味しそうなものも詳しくて、ほんとに楽しめました。

桜島もお住まいになってる方がいらっしゃるとは。
しかもフェリーで!
まさか活動中の火山のあんなそばまで(ってか登山)行けるなんて!
怖くなったお気持ち、すごーくわかります。ものすごい恐怖感でしょうね。

霧島って龍馬が新婚旅行したところ?

ところで、しんちゃんがジャンプに失敗した話、寂しい気持ちになりますね。
私も今日はぶーにゃんがちょっとしたジャンプに失敗して転げ落ちる瞬間を見ました。
泣きたくなりましたもの。

よりいっそう、愛しくなりますね。

ソファ&桜島

新ソファー。
はんてん被ってるしんのすけくん。
可愛いねー。
暗いところにそっと隠れてるかのように。
でも隣にはお兄ちゃんがいる(笑)

ホットカーペットの中のクウォルくんも、笑っちゃうね。
間違えて、ふんじゃったら可哀想過ぎるね(><)
いや~、愛猫家の方は間違えて・・・なんてことはないよね(^^;;
ちゃんと気を付けて、歩かないとどこにいるかわからないからね!

桜島。
桜島レストハウス。・・・観光地にはこのような昭和っぽい雰囲気漂う所が多いような気がする。
そこそこ人が来てるだろうに、昔ながらみたいなね。
○○タワー、なんてところは大抵昭和感が漂うね(笑)

火山灰。
本当にすごいんだね。
大噴火があったりしたのに、それでもその土地に住んで見える方がいるのを見ると、魅力的で離れがたいところなんだと思います。

日本でも有数の観光地にひょいっと行けるなんて羨ましいです。

五平餅。
私の住む愛知県でもメジャーな食べ物です。
お好み焼きやたこ焼きなどの粉ものを売ってる店に、五平餅も良く売ってます。
岐阜の名物ですが愛知でも市民権を得て愛されています。

鹿児島は温泉天国なんですね!
九州では大分の別府温泉が有名ですが、鹿児島も県庁所在地にそんなにたくさん温泉が出てるなんて、まさに温泉天国ですね。

郷土愛。
はっきりとそう言える魅力的な県、魅力的な土地なんですね~。

外国とも近いですから、色々と新しいものが入ってきた土地なのかなぁと思います。
物だけじゃなくて、文化的なことも。

有名人も鹿児島県出身の人多いですよね。
・・・他の件の出身者もそりゃ多いけど(^^;;
ビッグネームがね!!!

Re: タイトルなし

☆すみれいろさん☆

ありがとうございます^^私の観光記がガイド本になったら内容がいい加減すぎてクレームが来ますよ!すぐ「疲れた」っていう感想で締めくくっちゃうし(笑)
私も4年半前までは韓国が隣国ってことすらほぼ知りませんでしたよ~。
本当は何より知りたいのは日本の各地のことなんですけど、日本を全て回るには広すぎる・お金がかかりすぎますね…。アメリカやヨーロッパを知るのも困難。そうなると私の知的好奇心を満たしてくれるのに一番最適なのは韓国って事になりますね。何事も知れば知るほど興味がわくものですね。韓国内で行ってみたいところがまだまだあります!

「ファントム」は私もみました!結構面白いですよね~。
やっぱりドラマの中に現代の暮らしぶりみたいなのが伺われますよね。

美味しいものは一緒に行った友人がよく知っているんです。私は胃弱なのかなんなのか韓国料理のパワーに負けちゃうんです。だから実はあんまり食べられないんです。残念な体質…。韓国人から見ると「食べない人」に見えちゃうのがつらいです。なんか失礼な人みたいでしょう(ショボン)

桜島の件は他県の方からすれば意外な事実なんじゃないですか?まさか活火山に住むなんて!
鹿児島市に住んでる私たちにとっても、桜島に住んでる人たちって凄いなって感じです。子供たちはめっちゃヘルメット着用ですよ。避難壕もたーくさんあります。
4合目に近づくにつれてなんとも言えない生命の危機みたいなのを感じました。
いつもと違う距離感の桜島は本当に怖くって…。もう4合目には二度と行かないかもです。こわすぎました。>

> 霧島って龍馬が新婚旅行したところ?

そうですよ。ただ、この桜島が霧島ってわけではなくて、桜島や霧島、錦江湾などの鹿児島の大自然的なやつを総称して「霧島錦江湾自然公園」っていうんです。その中の「桜島」です。

> ところで、しんちゃんがジャンプに失敗した話、寂しい気持ちになりますね。

本当にそうですよ…。最近色々考えるようになっちゃって、こんなんじゃいけないんですけど心が弱ってます。いつか訪れる日のことを思うともうどうにもこうにも。
猫たちのお陰で毎日が楽しくて幸せだけど、それに伴う苦痛を思うと本当もう、どうにもこうにもです。

ぶーにゃんもジャンプに失敗して転げ落ちたんですか?
若いコだったら「失敗してや-んの!ケケケ!」って笑えるんですけど、シニアだと全く笑えませんよね。むしろ心臓がぎゅってなります。
もう本当しんのすけが愛しくて愛しくて、本猫は私の愛を重いと思っているかもしれません。

Re: ソファ&桜島

☆あさひさん☆

しんのすけは行動がおちゃめなんですよ。なのに真顔^^本当に可愛いです。
お兄ちゃんにはよく甘えます。それを我が家では「お兄ちゃんの後ろ盾を得る」と呼んでいます。

クウォルは我が家のムードメーカーなんです!毎日一生懸命遊ぶので本当元気をもらえます。
猫ふんじゃったになる事はほぼないですね。常に位置確認は欠かさないですし。ご飯あげるときに足に絡まってきすぎて、どうにもならずに猫の足を踏んでしまうって事はあります。たいていしんのすけです。

> 桜島レストハウス。・・・観光地にはこのような昭和っぽい雰囲気漂う所が多いような気がする。

そうなんですよね。そこそこ人が来るが故に改装する暇がないのか…?
最近は鹿児島市で駅ビルとかモールとか、私はそういうところにばかり出没していましたので、びっくりするくらい濃厚な昭和感が楽しかったです。こういうのも悪くないなって思いました。あ、そう思う人が多いからあえて改装しないのかな?

火山灰も溶岩ももろもろすごいですよ。
「川」と名のつくものは人工のもので、普段そこは枯れてるんです。噴火したら溶岩がそこを流れる仕組みになってるんです。道路横には定期的に避難壕があって、子供たちはヘルメットを着用しています。
それなのに住んでるって何事?!って思いますね。でもやっぱりそこが先祖代々故郷の人たちにはそこが一番なんですよね。

> 日本でも有数の観光地にひょいっと行けるなんて羨ましいです。

しかも160円で!^^

五平餅、やっぱり愛知でもメジャーなんですね。女主人もそのようにおっしゃってました。
私たちは完全に初見でした。当然赤味噌でした。美味しかったです。なんかペロッと食べちゃいました。

> 鹿児島は温泉天国なんですね!

他県なら銭湯となるところが鹿児島では全部温泉です。近所のお風呂屋さん=温泉、つまり300円ちょっとで温泉に入れるんです。当たり前のことかと思っていましたが、ここまで近所のお風呂屋さんが温泉なのは鹿児島が一番みたいです。

鹿児島は排他的でもありながら、外国文化を取り入れてきた不思議で面白い土地柄です。日本の他県のことをよく知りはしませんが、とりあえず私は鹿児島に生まれて良かったなぁ~っていつも思っています。自分の生まれたところが一番なのは当たり前ですけどね^^

たしかにしれっとビッグネーム多いですよね!歌手が特に。
プロフィール

merunosuke

Author:merunosuke
えったんです。子供の頃から猫と生活しています。
今は可愛い3匹の猫がいます。
拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード