留学のお話♪

無事日曜日に帰国しました!えったんですよ!
アンニョンハセヨ?

帰国前日、スーツケースとの格闘に3時間を要し、スーツケースに乗ったり手荷物(二個で12kgまでOK)パンパンのずっしりにしてみたりするけどもうどうしようもなくて、とある韓国客向け市場で有り得ない値段で買ってしまった忌々しい海苔を共同台所に「召し上がれ」と書いて、半分置いてきたりしました(せっかく買ったのに!)

あ、ありえない値段と言ってもその界隈では正規の値段です。
一般価格を知ってしまったがための有り得ない値段です、あしからず!


普段の生活は大丈夫でも、空港はやっぱり一人だと不安でした。
Wi-Fiレンタルしたところに返却する際に「私これからどうすればいいんでしょうか」って訊きましたからね!
本当とんでもない外国人だね!
もう流れがわかりました。次は完璧だ!←また行く気まんまん

そんなこんなで、前記事でもおわかりかと思いますが半月程度では日本食も全く恋しくならず、持って行った日本食は全部学校に置いてきました。
むしろ韓国料理恋しい…。

で、帰国して初めての食事↓



カツ丼っていう。
韓国で結構どんぶり屋さんとトンカツ屋さんが目につきました。
(関係ない話、韓国人はどんぶりとトンカツ言えません。トンブリ、トンカスです)

一体どんな感じの味なのかなと気になりましたが滞在期間短いのに日本食ないわ!と思って食べませんでした。
そんなわけで近くのトンカツ屋さんにオーダーストップ2分前に行きました。それなのにすっごい笑顔でとても親切にしてくださりサービスまで!
こういうところ日本最高☆



そして帰国後二日目の夕ご飯。
早くも韓国のラーメン。
だって韓国で一度もラーメン食べなかったから食べたくて・・・。

「ココミョン」って言います。赤くないけど辛いです。でも美味しいです。主人もすっごい気に入ってました!
ただ、汗と鼻水が自分の意志とは関係なく出てきて顔面が事件になるので気を付けてください。

さて、学校の様子です!



学校の廊下です。
私は主に徒歩で通っていたので常に汗だくでした。なのでこの廊下の涼しさが気持ちよかったです。
エアコンついてない時はうへえってなりましたけども。



私たちの教室です!305号室。ここで毎日学びました。
毎日午後12時50分から午後3時40分くらいまで授業がありました(日本人のみ4人)
そして火曜日と木曜日の夜7時20分からは、ここに住んでいる外国人が韓国語を学ぶクラスに出ていました(日本人3人アメリカ人2人オーストラリア人1人)



一番前の席が私の定位置。
とにかく出来ない子だったので一番前で一生懸命聞きました。遠慮しても仕方ないのでガツガツ答えたり質問したりしました。
自己主張なんて日本じゃほとんどしなかったから気持ちよかったです。
韓国語教室ででしゃばってしまう気がします。気を付けよう。ここは日本・・・。



(以後写真の中で、赤いハートの顔が私です)

授業以外の時間も文化交流をしたりしました。
写真は日本の七夕の紹介をしているところで、折り紙で七夕飾りを作ったりたんざくに願い事を書いたりしているところです。

韓国では七夕祭りはしないそうで、珍しがっていました!

私は韓国語で「韓国語が上手になりたい」と書いたんですが、スペル間違えて「韓国語が豚になりたい」と書いてしまい笑われました・・・。ああ、もう!!



韓国の子供可愛すぎるんですけど・・・!
ただ全然何言ってるかわからなかった件。
幼児語を使うので聞き取れないにも程があって、ただでさえ外国人にびびっている子供たちは困っただろうなーって思います。
大人に通訳してもらってやっと何言ってるかわかりました。



日本語を勉強中の生徒さんたち。
水を得た魚のように「これは日本語でなんと言うでしょうかー!」とかって韓国語で質問して日本語で答えさせる私。
たどたどしい日本語で一生懸命答える姿が嬉しくて、いっぱいおしゃべりしました。
日本人が韓国語で、韓国人は日本語で(どっちもたどたどしい件)
面白かったなぁ!




着付けなんてしたことないけどいい加減に着させてパチリ。
暑い暑いと言っていて可愛かったです!
これからも日本語の勉強頑張ってほしいです。私も頑張る!



一緒にお勉強をしたアメリカ人とオーストラリア人
韓国語で会話するんです。英語だったら絶対コミュニケーション取れなかったです。

即興で例文とか作らされてあわあわなったりするんですが、最後の授業の際オーストラリア人と組んで
私「どうして約束の時間に来なかったんですか?!」
オ「〇〇時でしたよね?」
私「違います、△△時って言ったじゃないですか」
オ「〇〇時かと思っていました」
私「何をしていましたか」
オ「その時間は他の女性と会っていました」
私「そんな・・・!悪い男・・・!」
っていうのを即興で作りました。
わーお、国際的ジョーク!←そうかな?

帰りに駅まで一緒だった時もあったんですけど、韓国では私も外国人なわけで、そんな外国人三人が一生懸命韓国語で会話しながら歩いている事が不思議でなりませんでした。
青い目で「〇〇ッシヌン~(〇〇さんは~)」とかって言うんです。愉快でした。
外国人であっても私は見た目じゃそんなに違和感ないですけどね。

たくさん写真を撮りましょうってなって、色んなポーズで本当にたくさん写真撮りました。
韓国語のスキルよ、ありがとう・・・!(欧米人へのあこがれが強いようだ)



最終日は修了証の授与もありました。あと食べ物の詰め合わせと可愛らしいお手紙を先生がくださって・・・。
1人の方が泣きだし、先生も泣きだし、結局残った私たちも泣き出すという泣き虫大会になりました。

もうね、先生が芸能人なの?っていう可愛さでした。
顔は小さい、体は華奢、その上優しくて頭がいい。え?女神なの?先生好き!って思いました。
先生に教えていただけて幸せだったなぁ。



日本語を勉強している学生さんが仁寺洞と三清洞を案内してくれました。
実に優しい青年で、一生懸命プランを練って来てくれていて、約束の時間の30分前には来てスタンバってくれてたり。
お友達も連れて来られたんですが、その人は全く日本語が出来ない上に今まで日本に関心すらなかったそうですが、めっちゃ話し好きでたーくさんおしゃべりをしてくれました。
私も全く日本語を知らないその人が面白くて「これは日本語だとこう言います」「こうですか?」「違います、こうです」みたいな感じで日本語を言わせたりして笑いました。
逆に私も「それ発音違います。こうです」「こうですか」「違います。こうです」「難しいです!」「難しくないですよー」と笑われたりしました。
荷物も必ず持ってくれる文化だし、女性に甲斐甲斐しくしてくれて韓国の男性は優しいなーっ、それでなんか人気があるのかなー?って思いました。

韓国人はそうやたらソウルに行ったりそれこそ仁寺洞行ったりしないそうで(日本人みんなが東京に行かないのと同じ)
「ここ初めて来ます・・・韓国人だけど」って言うので「私は三回目です、日本人だけど」
ってなって笑いました。

日韓ギャグ(?)「韓国人だけど一回目~日本人だけど三回目~!」が生まれました。

日本語勉強中の人はすごく細やかな心配りをしてくれる優しーい人でした。日本語を生かす仕事に就きたいんだそうです。嬉しいなぁ。頑張って日韓の懸け橋として活躍してほしいです。

日本に興味のなかった人もわざわざ日本語調べて(多分ネットの翻訳機)日本語でメッセージくれたりして、ああ、日本の事少し興味持ってもらえたんだな、って嬉しく思いました。
ただ、あまりに何の質問してるのかわからなくて、韓国語にしてもらってやっとわかりました(苦笑)
そして韓国語でメッセージ打つことの大変さよ・・・!
メッセージ来ると若干怯えます(必ず打ち間違えてしまうし)

ばかみたいに長くなりましたね。
韓国でのお話、鬼のようにしたいのでまだ続きます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

教室とか学校とか、ほんとうに楽しそう!
この数日間、人生観が変わるような日々だったんでしょうね~!
こんな時間を過ごしたらこれからの生き方とか、絶対に変わらないはずがないと思います。
しかし、外国語で冗談が言えるようになったら本物だと言いますからえったんさんの韓国語は相当なレベルなんですよ!!
先生がとてもおきれいだったとか?
韓国の女性ってキレイな方は言葉にならないほどの美しさですものね、私もお会いしてみたかった~
えったんさんの最近のブログを拝見していると、私は韓国に対して偏見を抱いていたのだな・・・と思い知らされます。
頑張っている外国人に優しい国なんですもの、いい方ばかりなんですよね。
竹島問題で韓流スターと言う単語がでてくるんですが、あの泳いだ歌手?の方はそんなに有名なんですか?

Re: No title

☆すみれいろさん☆

本当に楽しかったです!!

> この数日間、人生観が変わるような日々だったんでしょうね~!

まさにそうです。
井の中の蛙が少し井戸から飛び出した感じです。

一番近く交流も盛んな国でありながら、問題も多く抱えている日本と韓国。

どうしても日本で報道するのはあちらの過激な部分になってしまうけれど、それがすべてじゃないんです。そういう部分をあえて報道するんです。
そしてまた恐らく逆も然りなんだと思います。
日本のいやな感じの部分ばかりを大きく取り上げると思います。

日本にも過激な人達はいますよね。でもそれは一部です。
一般市民は自分なりの考えは持っていてもいちいちそれを撒き散らしたりはしませんし、普通は韓国人を見かけたからって「竹島問題は・・・」とか言い出す人はいませんね。韓国も同じです。

どの国の国民だって愛国心があるから訊かれれば当然自国の利益の主張をします。私だって日本が一番大事です。

韓国は幼い時に「自己主張の方法」をわざわざ習わせたりするくらい「自己主張が大切」という考え方をするので、日本人にはちょっと奇異に映ったりしますね。
逆に日本は何を考えているかわからないと世界的には言われたりしますが、「沈黙は金」とか「言葉よりも行動」とかの考え方があるからで、私たちはぎゃーぎゃー主張するのを良しとしませんね。

その「自己主張」をこういう時に発揮させたがっちゃう人達がいるんですね、日本よりだいぶ多めに。
特に芸能人とかは頭を良く見せたかったりとか愛国心のある人だと思われたい人もいるようで。(ちなみにあの歌手の人は本当に有名です。よく見る人です)

自分の国の文化に合わせて他国を見れば理解できない事であふれているのは当然です。私たちが他国をそういう目で見るのと同じで他国からは私たちもそう見られているのです。
でもひとたび個人対個人で接し、その国の文化を知り理解出来れば「人間は人間である以上同じ」だって思えます。

とは言っても、戦争がもたらした鎖を解くことは本当に難しく「はい、じゃあこれで!」と行くものではありません。
それを解決するための話し合いや歩み寄りなどは当然大切であり、それは国家が頑張るべきことだと思います。

一般市民がその問題だけに固執して、それぞれの国の製品を使わないとかそれぞれ悪口を言い合うとかは愚の極致だと思います。
以前アメリカのどっかで日本車や日の丸を燃やしたりするパフォーマンスとかありましたが「だから何www」ってのと同じです。


これからの世界の中で更に伸びて行き、生き残って行くために日本と韓国のパートナーシップは重要かつ絶対必要です。いい関係で歩めたらどちらも本当にすっごい国になると思うんです。

私は憎しみや粗さがしよりも理解し合う事にこそ未来を感じます。
今回滞在して特にそう強く感じました。

悪い部分ばかりを見るのではなく、お互いのいい部分をもっと理解して手を取り合っていけたらどんなにいいだろうと思いました。
私は日本に関心が合って理解しようと勉強をしている人達や、実際日本に留学していて帰省している人達、韓国に暮らす日本人やそのほかの国の人達との触れ合いを通じて、たくさんのものを得ました。
そして私自身が韓国を理解しようとしている人間だったからか、みなさんとてもよくしてくれました。
でももちろん悪感情を抱いている人もたくさんいるんだとは思います。私が出会わなかっただけで。

ああ、言葉で表現するのは難しい・・・。

とにかく「お互いを理解しようとする心」が何より重要だと感じたのです。

外国人は理解するまでは海外でも自国ルールで行動してしまいますよね。そしてその様子はその国の人から見れば本当に眉をしかめたくなるものに映ったりする。そこからも偏見は生まれます。でもこういうのもお互い様です。
ソウルで韓国人のふりして、日本人観光客を観察していると微妙な気持ちになりましたもの(すべての人じゃないですよ)。
いいものじゃないなーって。当然という顔をして自国ルールを振りかざしているように見えました。

だからこういうのも「わかってない」からなんですよね。

他の国に行くのなら、ある程度の言葉や文化の理解はしておくのが礼儀だと私は考えるんですが、そうじゃなく軽い気持ちの人がほとんどなわけで・・・。
で、アジア圏だと見た目は似ているのにいろいろ違うから特に違和感を感じやすくて「なんかやだ」ってなっちゃいやすいんですよね~。
欧米人とかだと明らかに違うから「ま、仕方ないかな?」ってなったりするんですけど。


先生は本当にキレイでした。可愛い。ほとんどお化粧もしていないのに。
目の保養になるってのもあって、一番前の席をキープしてました(笑)

長文コメント失礼しました~!


어학원&선생님

学校の廊下とか、教室のドア。
そんな何気ない写真を撮ってるなんて・・・スゴイ!!!

そういう毎日の何気ない画が・・・
思い出すと泣けそうだよぉ。。。

Re: 어학원&선생님

☆あさひさん☆

最後の授業の前に撮りました!
毎日当たり前に通ってたけど、もう通えないんだ!と思って・・・。

隣の日本語教室や、恥ずかしがってこっそり隠れていた赤い眼鏡の女の子の事も思い出します。
プロフィール

merunosuke

Author:merunosuke
えったんです。子供の頃から猫と生活しています。
今は可愛い3匹の猫がいます。
拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード