メルオンザベンチ

飼い主とは愚かなもので…。
可愛い!と思う瞬間が多すぎる上に、バシャバシャ写真をたくさん撮って、そのほとんどが「どれも似たり寄ったり…」と思ったとしても消せないんですよね。
よほどブレブレだったりすれば消せる時もあるけど、大体は「わずかに表情が違う」だの「右前足をあげてるのとあげてないやつで違うし」だの言いながら消せない…。
スマホの写真フォルダーは猫99%!

そして今日もそういった愚かな飼い主が写真を撮ったわけで。
オンリーメルです。

私は天気の良い朝、中庭に出て読書したり勉強したりするのですが、その際メルも一緒に膝に乗って過ごします。


べったり

大体30分くらいで一旦部屋に戻るのですが、その際にいったんメルをベンチに置いていきます。


置いてかれた…

そして私はお手洗いに行ったり撫でられたがる男の子グループを相手したりするのですが、その間にメルは孤独感を増すようです。


寂しい~!

寂しければ部屋に入ってくればいいものを、そこはさすがメルです。
「捨てられた~!」とばかりにニャーニャー鳴き喚きます。
私がはいよはいよとやってくるとベンチの上でモジモジ。





おいでと言ってもモジモジニャーニャーです。
私に来てほしい模様。
そしてその姿が可愛いのでバシャバシャ写真を撮っちゃう私。


お願いよ…


迎えに来てほしいなの



得意技:てすりに乗って鳴く

そして根負けした私がベンチへ戻り、一枚目の写真に戻るのでした。


【可愛い】は正義!

女子猫の愛らしさは強力。
スポンサーサイト
プロフィール

merunosuke

Author:merunosuke
えったんです。子供の頃から猫と生活しています。
今は可愛い3匹の猫がいます。
拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード