FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2019年もよろしくお願いいたします

2019年も明けるだけ明けつくして、早くも1月中旬ですね。またあっという間に1年過ぎちゃうんでしょうね…。
今年も我が家の(可愛すぎる)猫たちをよろしくお願いいたします。


今年のおせち

年々行楽弁当をおせちっぽく見せてるだけ感が高まっていく我が家のおせち。
それでも年末のイベントとしておせちを作ると「今年もよく頑張ったね、私!」と思えるし、主人に対してちゃんとした主婦っぽさのアピールにもなるので(笑)、体が動く内は何十年でも作り続けていきたいです。


お雑煮

私のお雑煮は結構シンプル。母が作るのと基本的な味は変わりませんが、母の方が具がドッカーンと入ってて、お雑煮だけでお腹いっぱいになります。

猫たちも元気良く新しい年を迎えました。



主人がいると、主人にべったりくっつきがちなしんのすけ。
しんのすけの近くにいたいがために、主人のそばにいる形になるクウォル(主人が触ると逃げる)



可愛すぎじゃないですか?



この安心しきった寝顔!しんちゃん、あんた天使や…!



そして別の日に勃発した、主人の膝枕を狙う静かなる攻防戦。
主人は乗せまいとして足を組んでいます(乗られたら自由を奪われるので)



ついに耐えられなくなったメルが実力行使に出ました。



なに、この謎のマッチョ感。



しんのすけもまだ諦められないという表情ですね。
本当猫って愉快。



おしゃべりストーカー末っ子クウォルは、最近食欲魔神が加速しています。
猫にご飯をあげた時、うっかりご飯棚を閉め忘れる時があるのですが、めざとく気付いて、棚からご飯入れをはたき落としてしまいます。
普通はただご飯入れが転がるだけなんですが、たまにフタが開いちゃってその辺り一面にご飯がばらまかれる時があります。
そうなると最悪。
私は必死にご飯を掻き集め、クウォルは必死に食べまくります。
私はキャットフードのニオイからなにから全てがダメで、ご飯あげる時も息を止めるほどなので、掻き集めてる間かなり地獄です。



本当にクウォルは賢くてハンサムだけど、いたずらっこです。そんなとこも愉快。
スポンサーサイト

2018年も終わります

2018年も明日で終わってしまいます。
体感的に3カ月くらいで終わっちゃった感のある1年でした。すごく早かった!

今年は行政書士として活動を始めて、結構人生の転換期だったと思います。
なったはいいが、どうすればいいかわからず迷路に迷い込みそうになったり、仕事が入れば入ったでプレッシャーがすごかったりで、よく眠れない上に歯が全部抜ける夢を見たり、ひたすら図面をひく夢を見たりと、地味にストレスを感じたりしていました。
世の中の人たちはこんな程度のストレスじゃないんでしょうけど、これまで「自分とはぜーんぜん関係ありまへ~ん」なことに突如仕事として関わることになったりするので、私にとってはいちいちショッキングすぎて…。
その内慣れちゃうのかもしれないけど、今の常に新鮮な驚きに満ちたこの感覚を忘れずに、行政書士として多くの方々の助けになっていきたいです。

ありがたいことにウチの3匹の可愛すぎる毛むくじゃらたちはみな元気にこの1年を過ごしてくれました。

動物病院に行ったある日、ご長寿わんちゃんねこちゃんの写真コンテストのパンフレットを見つけて応募してみました。
応募前、ご長寿って何歳からかなーって主人と言っていたら「7歳以上」で驚きました。
ウチの猫たちみんなご長寿なの?!クウォルなんて我が家じゃ子猫扱いだよ?!
と主人とざわつきました。
ちなみに応募したら必ず掲載してもらえるタイプので、しかも1つの家庭に1冊いただけるという最高のコンテストです。





表紙と裏表紙だけでもすでに泣きそうになるんですけど、中を読むと号泣ですよ。
愛されてるわんちゃんねこちゃん…!
わんちゃんねこちゃんを愛する飼い主さんたち…!



ウチの3匹も鹿児島県枠にちゃんと載せていただきました!(年齢は応募時)
ついでに言うとメルと一緒に私の腕あたりが掲載(笑)
すごくいい思い出になる~。来年も応募しないと。



適切な距離感で今年も元気でいてくれてありがとう!

ブログをご覧いただいている皆様も今年1年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年を!

メイビー食あたり

11/23の夜中に突然お腹の具合が悪くなり、24日、25日と熱もあって寝込んでおりました。
悪い予感はしていたのです・・・23日は忘年会だったのですが、そこでカキフライが出たのです。
親戚でカキフライで酷い目に遭った人がいるため「カキ関連は食べてはならぬ」という戒めを守ってきたのですが・・・。
「とか言いながら私は大丈夫なんじゃない?」と食べてしまったのです。なんという油断。

2年前に原因はわからないけど同じような感染性胃腸炎やっていたので、その時の経験を思い出しつつ、幸い口から水分摂取が出来る状態だったので脱水しないようにだけ気をつけようと、2食は絶食(前回は体力をつけようと無理に食べて悪化)、その後消化に良いものを少しずつ食べるようにしました。あと1回で2本のヤク○トを温めて飲むこともしました。

今回は26日には全快したので良かったです。正味2日半ほどで治りました。
2年前の場合は主人と立て続けに胃腸炎になり、その上今の家に引越しをする、という時期でもあったため無理がたたってしまい治りも遅く、ちょっとびびる位痩せちゃったけど、今回は痩せる暇はありませんでした。良かった良かった。

寝込んでる間、信じられないレベルで猫が3匹寄り添ってくれていました。


↑こんな感じ(実際はメルは布団の中に入る、男の子は両サイドから私をがっちりガード)

主人は隔離政策で和室に布団を敷いて寝てもらいました。
ダブルベッド独り占めのはずなのに猛烈な金縛り感で、よくうなされていました。
主人が猫を取り除いてくれるのですが、いっときしたらまた戻ってくるという。
きっと心配してくれてるんだと思うことにしました(熱のある私があたたかいとかではなく)
本当に優しいコたち!!



しんのすけがお腹の上に乗ってきたりしたんですが、本当ちょっとした拷問ですからね。でも可愛い。



メルは執拗に布団の中に固執。たまにのぼせて出てきてクールダウンしてはまた中に戻る。



クウォルはとにかく足の間に寝ようとしがち。しんのすけみたいに重くはないけど寝返りがうちにくく腰痛が加速しました。

でも猫たちが一緒じゃなきゃそれはそれで寝られないし・・・。
まあなんにせよ幸せってことでいいや!!

昨日書類仕事をしていたら普段からうるさいクウォルがいつもよりうるさいので「何?!」と振り返ったらメルみたいな状態に!



どうやって登った?!らせん階段使えないくせに・・・。
おそらくごはんの棚からジャンプしたんでしょう。

らせん階段に誘導しようとしても、クウォルの向かって左の柱の部分をこえることも出来ずに写真のスペースでうにゃーうにゃー。
キャットタワーを持って来てここに飛びなさいと示してもうにゃーうにゃー。
結局私が水飲み場に登って(台が抜けたらどうしようかと思った)、ビチビチ動くクウォルをだっこで救助。

猫って本当常に予想外。そして面白い。

クウォルワクチン・みんな元気

私の分際で、行政書士として忙しい日々を過ごしていました。
他の先生のヘルプについたり、初めて1人で個人のお客さんの案件を終えたり、大きな無料相談会に研修生として参加して勉強したり…。
全てが初めてのことばかりで、何をするにも勉強勉強また勉強で、ちょっと心に余裕を失っていました。
色々目処がついたのでちょっと落ち着いてブログを更新することにしました。


クウォル君、病院行ったでしゅ

ケージに入れたらすごい叫びまくって、心配(?)したしんのすけがケージの周りをうろついて何故かシャー!って威嚇してました。なんでやねん。

病院の待合室では静かすぎて逆に心配でしたが、診察を始めると先生が「うわ!汗びっしょり!」と。見ると肉球に汗をかきまくっていて、肉球まわりの毛がびっしょびしょでした。
先生も看護師さんも「ここまで大量に汗をかくコは初めてです」とのこと。怖かったんだね~。
緊張MAXのせいか、注射のチクリを感じなかったのかニャンとも鳴きませんでした。


散々な目に遭ったでしゅ

特に健康上の問題もなさそうなのでよかったです。


ざ~りざ~り

メル用の爪とぎを新しくおろしたら、爪とぎについたマタタビの香りに反応、ひたすら舐め続けるクウォル。
私が爪とぎにマタタビつけたんじゃなくて、袋に入ったマタタビが接していた場所に反応してるんです。嗅覚鋭い!



↑本日病院を免れた二匹。

病院行く前1時間くらいリビングにケージを出しておくんですが、誰が捕まるのかと戦々恐々としている様子が手に取るようにわかって面白いです。



ちなみに9月の腎臓エコーで、片方の腎臓が小さくなっていることがわかったしんのすけ。腎不全の進行か?!と血液検査を受けたものの、数値に異常は見られず。食欲も元気もあるし、体重も維持してるので「なんで腎臓小さくなってるのか謎」状態ですが、とりあえず様子を見ることに。
3カ月間に1回だった腎臓エコーですが、2カ月に1回になっちゃいました。仕方ない。


ボク元気だけどなぁ

ちなみにゴルフから戻ってソファで寝る主人にそっと寄り添っています。
本当にしんのすけは優しいコ。



私のこともちゃんと守ってくれるんですよ。
お腹の上で寝るなどしながら…。(重い)


なんか聞こえたなの

我が家で唯一、テレビや動画の動物に反応するメル。


どこなの?

ひそかに私には時々鳥の動画などを観るという趣味があるのですが(絶対飼えないし、飼うこともないだろうから)、そのピピピピチュイチュイという鳴き声に反応したメルが私を押しのけてパソコンに食い付きました。

鳥さん…?

猫ちゃん用DVDとか、メルは観てくれそうですね。

先日、慣れない行政書士の仕事であっち行きこっち行きしながら、難しい話し合いなどを繰り広げへとへとになった帰り道、まだその時はなにも成し遂げていなかったにもかかわらず、さっさとご褒美を買おうと(自分に甘い)、普段行くことのない場所にあるケーキ屋さんに寄ってケーキを買いました。


丸っ!

とにかく丸かったので買いました。本当はチョコレートケーキが食べたかったのですが、なんせ丸いんだもん。

ズコットというらしい



1人で食べたんじゃないですよ。実家に持っていって親と食べた挙げ句、残りは家に持って帰って主人と食べました。すごい食べ応えでした。ふわふわしてるのに強い!って感じ。

それぞれ可愛い猫たち

10日ほど前ブログを更新したはずなのに(作った文章も覚えてる)、保存されなかったのかなんなのか・・・。
それとも私もヤキがまわってしまったのかしら?よくわからないけど、とりあえずすごく久々の更新になってしまいました。


パンでしゅ

我が家では当然猫に人間の食べ物は与えません。
しかしクウォルがこねこの頃、当時のセブンイレブンのメロンパンがめちゃくちゃいいバターの香りをさせているタイプだったんですが、それを食べているところを何度か襲われてるんですね。そのせいかクウォルはすごくパンに反応します。


食べたいでしゅ

今はさすがに「まさに食べているパン」を奪おうとまではしませんが「食べようとしているパン」「食べかけのパン」は奪おうとしてきます。こねこの時ほど分別なく奪おうとはしないので、一応写真を撮る余裕はあります。


あーん


こらこらこらこら

別の日も

パン・・・

ちなみに私は子供の頃、動物園のサル山から飛び出してきたサルに持っていたメロンパンを奪われたことがあります。
メロンパンを奪ったサルはサル山に戻っていきました。
私は大泣きでしたが、周囲は温かい笑いに満ちていたように覚えています。
おおらかな時代。サルが逃げられるようなサル山の造りだった点も含めて。


うふん

猫あるあるの一つといえば「座っているイスを奪われる」ですよね。
私はこれ、飼い主のそばにいたいがばっかりに、飼い主が席を離れた際に戻ってくるのを先回りしてその場所で待っていた結果、奪っているような形になるものだと思っています。


お姉ちゃんのそばいいたいの

飼い主というものは大概「持ち上げてひざに乗せると、次動く時におろさなきゃいけなくなるからかわいそうだ」という思考を持っているため、別の椅子を持って来て座るか立ったまま作業をしたりしますね。


むふー

そして飼い主は万年簡易椅子に座ってたりするんですよね。どっちにせよ立派なパソコン椅子は、腰痛の私には柔らかすぎてダメなのでいいのだ。でも簡易椅子も辛いのだ。


すやすや

こんなにも天使なんだから、なんでもかんでもメルに奪われてしまってもむしろ幸せ。



ちなみにソファの背もたれの上です。どこで寝てても可愛い。


くうくう

しんのすけは夏用ベッドを完全に自分のものとしています。



クッションずれてるよ



顔めりこんでるよ



色々はみ出してるよ
あと、胴体がザブトンみたいだよ


誰がザブトンじゃい

ああ、もう全てが可愛い。私の完璧な猫しんのすけ・・・!


一番可愛いのはワタシなのね

はい!すぐにヤキモチをやいちゃう女子がきましたー!

こんな感じで相も変わらず可愛い我が家の猫たちでした。

追記にちょっと痛々しい写真

続きを読む

プロフィール

merunosuke

Author:merunosuke
えったんです。子供の頃から猫と生活しています。
今は可愛い3匹の猫がいます。
拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。