FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しんちゃんのお顔が…!

暖冬なのに、1月にふとん乾燥機を買いました。
初めて使ってみた日、しんのすけが早速ぬくもりをがっつり味わっていました。



怖がるかな?と思いきや健やかに寝ていました。



うむ、賢い。
そんな賢さが度を超えたしんのすけなんですが、ある時から食欲が落ちました。
そういう時もあるかな…と思っていたら、数日後にはベッドから降りもせず、ごはんも全く食べなくなってしまいました。
慢性腎不全なので、病状の悪化かもしれないと思いながらよくよく顔を見てみると



腫れてる!!



左のお顔だけ腫れまくってる!!

慌てて病院に行きました。
歯茎が腫れてるとのことで抗生物質を処方されました。

カリカリは痛くて食べられないので、腫れてる間はウェットフードをあげるようにということで、普段もらえないのでしんのすけは薬のかかったウェットフードを喜んで食べてくれました。
おかげさまで2日後にはちゃんと腫れが引いてくれました。


↑腫れが引きだした頃

ほっと一安心。
1月中旬のお話なので、もう元気になって10日以上経ってます。その後問題なく過ごしています。



お顔もイケメンに戻ってくれました。
人も猫も年齢を重ねると色々ありますね…。
スポンサーサイト

2019年もよろしくお願いいたします

2019年も明けるだけ明けつくして、早くも1月中旬ですね。またあっという間に1年過ぎちゃうんでしょうね…。
今年も我が家の(可愛すぎる)猫たちをよろしくお願いいたします。


今年のおせち

年々行楽弁当をおせちっぽく見せてるだけ感が高まっていく我が家のおせち。
それでも年末のイベントとしておせちを作ると「今年もよく頑張ったね、私!」と思えるし、主人に対してちゃんとした主婦っぽさのアピールにもなるので(笑)、体が動く内は何十年でも作り続けていきたいです。


お雑煮

私のお雑煮は結構シンプル。母が作るのと基本的な味は変わりませんが、母の方が具がドッカーンと入ってて、お雑煮だけでお腹いっぱいになります。

猫たちも元気良く新しい年を迎えました。



主人がいると、主人にべったりくっつきがちなしんのすけ。
しんのすけの近くにいたいがために、主人のそばにいる形になるクウォル(主人が触ると逃げる)



可愛すぎじゃないですか?



この安心しきった寝顔!しんちゃん、あんた天使や…!



そして別の日に勃発した、主人の膝枕を狙う静かなる攻防戦。
主人は乗せまいとして足を組んでいます(乗られたら自由を奪われるので)



ついに耐えられなくなったメルが実力行使に出ました。



なに、この謎のマッチョ感。



しんのすけもまだ諦められないという表情ですね。
本当猫って愉快。



おしゃべりストーカー末っ子クウォルは、最近食欲魔神が加速しています。
猫にご飯をあげた時、うっかりご飯棚を閉め忘れる時があるのですが、めざとく気付いて、棚からご飯入れをはたき落としてしまいます。
普通はただご飯入れが転がるだけなんですが、たまにフタが開いちゃってその辺り一面にご飯がばらまかれる時があります。
そうなると最悪。
私は必死にご飯を掻き集め、クウォルは必死に食べまくります。
私はキャットフードのニオイからなにから全てがダメで、ご飯あげる時も息を止めるほどなので、掻き集めてる間かなり地獄です。



本当にクウォルは賢くてハンサムだけど、いたずらっこです。そんなとこも愉快。

2018年も終わります

2018年も明日で終わってしまいます。
体感的に3カ月くらいで終わっちゃった感のある1年でした。すごく早かった!

今年は行政書士として活動を始めて、結構人生の転換期だったと思います。
なったはいいが、どうすればいいかわからず迷路に迷い込みそうになったり、仕事が入れば入ったでプレッシャーがすごかったりで、よく眠れない上に歯が全部抜ける夢を見たり、ひたすら図面をひく夢を見たりと、地味にストレスを感じたりしていました。
世の中の人たちはこんな程度のストレスじゃないんでしょうけど、これまで「自分とはぜーんぜん関係ありまへ~ん」なことに突如仕事として関わることになったりするので、私にとってはいちいちショッキングすぎて…。
その内慣れちゃうのかもしれないけど、今の常に新鮮な驚きに満ちたこの感覚を忘れずに、行政書士として多くの方々の助けになっていきたいです。

ありがたいことにウチの3匹の可愛すぎる毛むくじゃらたちはみな元気にこの1年を過ごしてくれました。

動物病院に行ったある日、ご長寿わんちゃんねこちゃんの写真コンテストのパンフレットを見つけて応募してみました。
応募前、ご長寿って何歳からかなーって主人と言っていたら「7歳以上」で驚きました。
ウチの猫たちみんなご長寿なの?!クウォルなんて我が家じゃ子猫扱いだよ?!
と主人とざわつきました。
ちなみに応募したら必ず掲載してもらえるタイプので、しかも1つの家庭に1冊いただけるという最高のコンテストです。





表紙と裏表紙だけでもすでに泣きそうになるんですけど、中を読むと号泣ですよ。
愛されてるわんちゃんねこちゃん…!
わんちゃんねこちゃんを愛する飼い主さんたち…!



ウチの3匹も鹿児島県枠にちゃんと載せていただきました!(年齢は応募時)
ついでに言うとメルと一緒に私の腕あたりが掲載(笑)
すごくいい思い出になる~。来年も応募しないと。



適切な距離感で今年も元気でいてくれてありがとう!

ブログをご覧いただいている皆様も今年1年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年を!

10周年と15周年

去る11月30日はメルのウチのコ記念日10周年でした!



クリームを余らせたくなくていたずらに首輪っぽいのを作ったの巻。ウチの猫たち首輪してないけども。



日なたぼっこをするメル。実物は震えるくらい可愛いのに、写真に撮るとなんかすごく普通に眩しそうなキジトラ猫にしか見えない。



わかってる。私の写し方に問題があるってことは。
本当に実物のメルは近年まれに見るスイートなキジトラレディなんですよ。

そして12月2日はしんのすけのウチのコ記念日15周年でした!



何年間作り続けてもクオリティが向上しない。



しんのすけはめっちゃ元気です。
猫の王道を行ってます。
紙袋にはしっかり入ります。



そんでもってしんのすけはいつ写真撮っても可愛いんだよなぁ~。
こんな美しいおじいちゃんって世の中に存在していいんですね。
毎日見とれて、毎日好き好き言ってしまいます。

ちょっと前の写真なんですが、我が家の猫の関係性をよく表している写真を…。



先にメルがいて、後からしんのすけが来ました。


ううっ💦


どうしよう、怖いなの


無理!

どうしてもしんのすけが殴る未来しか見えないので、こういう状況は人間もちょっとドキドキします。

猫団子🍡は見られない我が家ですが、うまく距離を保ちながら共同生活を送る、実に社会性の高い猫の生態を垣間見ることが出来ます笑

メルもしんのすけもますます元気でいてね!
お姉ちゃんは君たちを信じられないレベルで愛しているよ。

メイビー食あたり

11/23の夜中に突然お腹の具合が悪くなり、24日、25日と熱もあって寝込んでおりました。
悪い予感はしていたのです・・・23日は忘年会だったのですが、そこでカキフライが出たのです。
親戚でカキフライで酷い目に遭った人がいるため「カキ関連は食べてはならぬ」という戒めを守ってきたのですが・・・。
「とか言いながら私は大丈夫なんじゃない?」と食べてしまったのです。なんという油断。

2年前に原因はわからないけど同じような感染性胃腸炎やっていたので、その時の経験を思い出しつつ、幸い口から水分摂取が出来る状態だったので脱水しないようにだけ気をつけようと、2食は絶食(前回は体力をつけようと無理に食べて悪化)、その後消化に良いものを少しずつ食べるようにしました。あと1回で2本のヤク○トを温めて飲むこともしました。

今回は26日には全快したので良かったです。正味2日半ほどで治りました。
2年前の場合は主人と立て続けに胃腸炎になり、その上今の家に引越しをする、という時期でもあったため無理がたたってしまい治りも遅く、ちょっとびびる位痩せちゃったけど、今回は痩せる暇はありませんでした。良かった良かった。

寝込んでる間、信じられないレベルで猫が3匹寄り添ってくれていました。


↑こんな感じ(実際はメルは布団の中に入る、男の子は両サイドから私をがっちりガード)

主人は隔離政策で和室に布団を敷いて寝てもらいました。
ダブルベッド独り占めのはずなのに猛烈な金縛り感で、よくうなされていました。
主人が猫を取り除いてくれるのですが、いっときしたらまた戻ってくるという。
きっと心配してくれてるんだと思うことにしました(熱のある私があたたかいとかではなく)
本当に優しいコたち!!



しんのすけがお腹の上に乗ってきたりしたんですが、本当ちょっとした拷問ですからね。でも可愛い。



メルは執拗に布団の中に固執。たまにのぼせて出てきてクールダウンしてはまた中に戻る。



クウォルはとにかく足の間に寝ようとしがち。しんのすけみたいに重くはないけど寝返りがうちにくく腰痛が加速しました。

でも猫たちが一緒じゃなきゃそれはそれで寝られないし・・・。
まあなんにせよ幸せってことでいいや!!

昨日書類仕事をしていたら普段からうるさいクウォルがいつもよりうるさいので「何?!」と振り返ったらメルみたいな状態に!



どうやって登った?!らせん階段使えないくせに・・・。
おそらくごはんの棚からジャンプしたんでしょう。

らせん階段に誘導しようとしても、クウォルの向かって左の柱の部分をこえることも出来ずに写真のスペースでうにゃーうにゃー。
キャットタワーを持って来てここに飛びなさいと示してもうにゃーうにゃー。
結局私が水飲み場に登って(台が抜けたらどうしようかと思った)、ビチビチ動くクウォルをだっこで救助。

猫って本当常に予想外。そして面白い。
プロフィール

merunosuke

Author:merunosuke
えったんです。子供の頃から猫と生活しています。
今は可愛い3匹の猫がいます。
拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。