韓国に行ってきました’17③

5/6


*赤いハートが私、ピンクのハートが友人です*

疲れが出ている私たちは朝ごはんをスルーして、地下鉄に乗り江南にある「COEXモール」へ。
着いたらほんのりお腹も空いたのでブランチ。


牛肉のなにか

いわゆるオーガニック系のお店。私がオーダーしたこの牛肉のなにか、辛くなくて美味しかったです。


トマトの入った麺的ななにか

ムール貝とかも入ってて、韓国とイタリアのコラボレーションって感じでした。



ご飯を食べ終わったらこの日のメインイベント「水族館」です。
モールが恐ろしく広くて、水族館もモールの中にあります。



まるでなついてくれているかのような魚。



ただ水槽に入っている水の生き物をみるのではなくて、様々な工夫が凝らされていて面白かったです。



電話ボックスにお魚とか。



なんでかうさぎやプレーリードッグがいました。
可愛かったけどなぜ。



さーめー



ピラニア!こんなにたくさん!

私の中の「可愛かった二大生物」」はかわうそとマナティでした。





マナティは三頭いて、なんとものんびりした愛らしさがありました。結構ずっとみていられる可愛さでした。

シンクロナイズドスイミングと魚たちで織り成すショーもあって、すごくきれいでした!


シンクロの人写ってないけど。



一番大型のペンギンってこのくらいあるのか~。
多分皇帝ペンギンだったと思いますが…。


この水族館、思った以上に楽しくて大満足。



喉の渇きをイチゴ系のドリンクでいやします。
韓国にいるとイチゴ系のドリンクをついつい飲んでしまいます。
美味しいの。

地下鉄で場所移動。
新村・梨花方面へ。
ホットクを食べたかったのですが、なんかその辺になくて、でももう甘くて温かい何かを食べたくて、目に付いた美味しそうなこちらをチョイス。



ドーナツでもパンでもない何か。とりあえずすごく美味しかったです。高いけど。

ずっと暑かったのに、ウロウロしている内にものすごく寒くなってきました。セーター着たい!
それでとりあえず荷物を置いて上着を着ようとホテルに一時戻りました。



上着を着てホテル近くの東大門へ!
夕ご飯はここにしようと決めていた「ジェームスチーズトゥンカルビ」へ。



カルビ肉にチーズ巻きつけながら食べる料理。



肉を切るのもチーズ巻きつけるのも全部店員さんがしてくれます。
私たちはむしゃむしゃ食べるだけ。楽~。



〆はチャーハンに。

美味しかったけど、一度食べたらもう次は…っていう系のやつでした。



東大門といえば眠らない街。
朝までやってるファッションビルがたくさん。
でも中には未だに「完璧な偽モノあるよー」って言ってくるところも・・・。
そういうところはさっさと退散。安いんだろうけど、どうしても無理。



かなり大丈夫な感じのファッションビルは写真の「ロッテフィットイン」や「ハローapM」など。



光り輝くパンダたち。
一時期はこの国の方々で賑わっていたなぁ。



なぜかラインが人気みたいで、ラインショップが何箇所かありました。そして多くの人で賑わってました。
キャラとの写真撮影も人気。



でかいなー。

こうして韓国滞在4日目は終了しました。
東大門は眠らない街だけど私たちは眠ります。
スポンサーサイト

猫はみんな元気ですが・・・



いきなりめっちゃ写りの悪い写真ですみません。
これクウォルです。
寝ている場所は寝室にある主人の「とりあえず服を投げ入れておく用BOX」です。
クウォルはここが気に入っていてよく寝ています。

そして我が家はそれぞれの猫たちがそれぞれの行動にひそかに憧れて真似をする、という傾向にあるのですが・・・



メルが真似しました。


むむぅ・・・

でも寂しくなったらしくて大鳴きしちゃいました。
それで初めてメルがそこで寝ていたのだとわかった次第です。


もうここイヤ!おりる!抱っこ~!!

本当に世話の焼けるお嬢さんだ。可愛すぎだっつーの。



庭のチェックに励むしんのすけ。
二人掛けのベンチなんだけど、小さく見えるなぁ。多分しんのすけが大きいという説。



そして大きいだけでなくラブリーだという説。
なんでこんなにいちいち可愛いんだろう?しんのすけの魅力がすごすぎて怖い!!



気持ち良さそうなクウォル。
でも実は・・・



なんか変な場所で寝てる。

うちにはミニマル君というロボット掃除機がいて、そのコが一生懸命床を掃除している間、ザブトンとかを上にあげておくんですけど、更にその上でクウォルが寝ちゃうっていう事がよくあります。
こうされちゃうと、掃除が終わってもクウォルが自分でおりるまでは下におろせないです。だって可愛いんだもん。

こんな感じで猫たちはとても元気で完璧に可愛いんですが、私がまた不調に陥りました!

失声・ドブ声→日焼けブツブツ→頚椎症←今ここ

先週の木曜日から首がやたら痛くて「すっごいコリかな」と思って金曜日にマッサージに行ったら悪化して、鎮痛剤飲んでも夜に痛みで目が覚めるほどだったので土曜日整形外科に行ってきました!

レントゲン撮ってもらったところ、4番目だか5番目だか忘れましたけど、どっかその辺の頚椎がちょっとピロッてなってて、それが神経を圧迫しちゃってるそうです。
そういう状態だと首や肩がめっちゃ凝りやすくなるんですって。納得~。
今回激痛になっちゃったのは、先週の月曜日に長時間運転しちゃったのが引き金になったそうです。
運転してもいいけど、長時間はしないようにしてね、とのことでした。はい・・・。

首は大事な場所だからちょっと長めにしばらくリハビリしましょう、ってことになりました。
首・肩の筋肉を柔らかい状態に保てれば、痛みはなくなるみたいです。

とりあえずその日は痛くて堪らなかったので注射を打ってもらいました。
首の左右に1本ずつ。
当日はまだ痛いままで何も出来ない・夜もしょっちゅう目が覚める状態でしたが、日曜日の午後くらいから驚くほど痛みが軽くなって、すごいテキパキ動けるようになりました。嬉しくてケーキ焼いちゃうくらい。

しばらくは一日おきにリハビリ通います。

不調続きが神がかってるんで、なんかの呪いなんじゃないかという説もありますが、三度目の正直でもうそろそろ呪いも終わるんじゃないかなと期待したいと思います。
もう一回なんかあって、なかなか治らなかったりしたらお祓い行ってみます。
今のところ全部科学で解決してるしね。

韓国に行ってきました’17②その2

5/5、韓国人夫婦とのドライブ続きです。
ナミソンから少し車で走って加平郡にある「アチムゴヨ樹木園」に行きました。
この辺一体が保養地という感じ。
自然が豊かで渓谷などもあり、空気がきれいでキャンプもできるしコテージもたくさん。
ソウルから一番近くにある保養地なので、多くのソウルに住む人たちが癒しを求めて来るそうです。



直訳すると「朝の落ち着いた樹木園」
ん~、朝の落ち着き感の素敵さが一日中感じられるような樹木園?
なんにせよ落ち着いた空気感だってことは確かですね。



樹木園というだけあって、めっちゃ樹木だらけ!



韓国式庭園なども。
日本は自然の姿を人工的に作り上げて美しく表現する方式(盆栽とかもそんな感じですよね)、韓国は自然そのままの姿で美しさを表現する感じらしい。



感覚的に日本のが繊細な感じで韓国のがたくましい感じしますね。
どっちもキレイ。



これも韓国式。ね、なにげに違いがわかりますよね~。



つつじきれい~。



本物の教会(韓国はクリスチャン多い)
結婚式の写真撮るのにもここ人気らしいです。



ミニミニハウス。



ソウルと違って空気がいい~。



敷地がめちゃくちゃ広いので、1日のんびりウロウロしながら過ごしてみたいものです。



韓国の時代劇でみるような情景。



普段はここも樹木園の名前通り人がまばらで静かな雰囲気らしいですが、この日はとにかく人がわんさかでした。



吊り橋、渡るの何年ぶりだろう~?

その後とりあえずソウルに戻って何か食べることに。
何食べる?あれ?これ?となかなか決まらない中、泊まるホテルの割と近くだし有名なのに行ったことなかった「クヮンジャン市場」へ。
多分韓国で「屋台で安くて美味しいものを食べる」のをしたい!って人も多い中、私はあまり、というか全く屋台で何かを食べたいと思ったことがなかったので、行こうと思ったことすらなかったのですが、「何回も韓国に来てるのに行ったことないなんてビックリだぜ!」的な感じだったので行くことにしました。何事も経験。



とても賑やかでした。



絶対私自分だけじゃびびってこんなとこ来れない。
日本でも、福岡に行ってでも、絶対屋台行かない派なので・・・。
なんか酔った客のケンカとかに巻き込まれたり、衛生的な問題でお腹こわしそうだから(イメージ)

でも今回、現地の人と一緒だったので安心して食べることができました。



私はこれ。ピンデトック。
簡単に言うとチヂミみたいなやつ。
美味しかったけど、食べ切れなかったです。
韓国だと、スイーツは基本ペロリと食べるくせに、食事が食べきれないダメ人間なのでした。

朝8時スタートで、ホテルに到着したの夜11時過ぎ!
本当に韓国の友達夫婦にはよくしてもらいました。
韓国の人たちみんな親切だけど、この夫婦神レベルじゃないかしら。
ありがたさと韓国がますます好きになったぜ!の気持ちでいっぱいでした。
そして、自分たちでは簡単には行けなかったであろう場所を堪能できてホクホク。

こうして、とても充実した韓国旅行3日目は終了したのでした。
そして、友達夫婦から100枚を越す写真が送られてきたのでした。

韓国に行ってきました’17②その1

韓国滞在3日目は、韓国の友人夫婦が朝8時にホテルまで車で迎えに来てくれました。
ドライブに連れて行ってくれるとのことで、ドラマ「冬のソナタ」の舞台となった場所をリクエストしました!
私はドラマ観ていませんけどね!

その地域(春川(チュンチョン)方面)がとてもキレイだという情報はゲットしていたので、一度行ってみたかったのです。
友人は冬のソナタで韓国に興味を持ったそうなので、互いの利益が一致しました。

ソウルからほんのり離れているので、自分たちで行くには色々調べないといけないところを、韓国の友人夫婦が来るまで連れて行ってくれると言うことで、イェーイ、ラッキー!って感じで甘えちゃいました。

ちなみにだんな様とはこの時が初対面でしたが、とても人懐っこいタイプらしくすぐ打ち解けることができました。
奥さんである友達も本当にいい人なので、どんだけ素敵な夫婦なんざましょ!って感じでした。

そんでもって、自分の中の韓国語フル稼働でコミュニケーション頑張りました!
楽しいけれど言語を司る脳のどっかの部分はヘトヘトになりました。
友達夫婦が私たちの言わんとしていることを汲み取ってくれる、というのもありますが、やっぱり言葉が通じるって嬉しいです。
もっと勉強して、韓国語フル稼働でも疲れないようになりたいです。

ドラマ「冬のソナタ」の舞台の一つである「ナミソン」に行きました。
そこは人工島です。
普段は静かな場所だそうですが、この日は「こどもの日」かつ連休中ということで多くの人で賑わっていました。
外国人観光客もいるにはいましたが、ほとんど韓国の人たちでした。
日本人はいたのかどうか、日本語は聞こえてきませんでした。
多分以前は日本人で溢れていたかもしれませんけどね・・・。

それにしても人が多かったです。
でもみんな楽しそうで私もウキウキしました!


入り口にて

雪だるまに囲まれています。
なんか冬のソナタといえば雪だるまらしいです。



連絡船に乗るための列に並んでいます。
すごい人数だと思いましたが、結構すぐでした。



向かって左から友人(ピンク&白)、韓国の友人(赤)、私(緑と白)です。



島への連絡船に乗り込みます。
かなりたくさんの人数を収容できます。
島まで10分かからない程度でした。



「ナミソン」とハングルで書かれています。かっこいいですね。



天気もいいし景色も最高。



ゴキゲンですね!



前述の写真のモニュメント的なやつ、反対側にまわると、口から猛烈にヨダレが出ている風。


「ようこそ」雪だるま

いろんな国の言葉で「ようこそ」と書かれている(と思う)(日本語と韓国語以外わかんない)雪だるまが何体かありました。
ピンクだからなのか日本の雪だるま、写真撮影人気(日本人じゃない人たち)でした。



雪だるまの後ろからこんにちは。



子供向けに「絵の動物園」というのもありました。
可愛かったです。じっくり見たい、こういうの~。



パネルの猫ちゃんと同じポーズでパチリ。



主演の二人と思われる像。



ドラマで本当に使われた自転車らしいです。



なにかと趣があります。



雪だるま・・・?



ドラマ内で主演の二人が初めてキスした場所?かな?



なにやら小芝居をする友人と私。


仲良し夫婦

とってもお似合いな二人!しかも本当にいい人たち!



橋を渡る我々。



並木の写真をせっせと撮る私。
本当に人が多かったです。



なにやら鬼もいました。


ジャンプ!!

色々大変なことになっている人たち。
楽しい思い出~。



休憩時のお菓子も雪だるま。マシュマロです。
一人でマシュマロ食べる私。


冬のソナタ的パネルの前で



冬のソナタ関連のパネルがたくさんあって、それを撮る友人と私の図。
ドラマ観てないくせに撮る私(親に見せようと)



本当にきれいな場所で、1日ゆっくりいたいな~って思いました。
この日はとにかく暑くて、私は汗だくだったけど。



水上スキーを楽しいでいる人たちもいました。


ワイヤーで島に渡るタイプ

島には基本船で渡りますが、最近はワイヤーでピューッと島に渡るのもあるそうです。
順番待ちがすごすぎたので乗れませんでした。残念。


船からの眺め

お分かりでしょうか。海の上をワイヤーでピューッと行ってるの。
気持ち良さそうですよね~。乗ってみたかったなぁ。

この「ナミソン」、すごく素敵な場所でした。
冬のソナタを観た人には、そこに「ここがドラマの・・・!」っていう楽しさがプラスされるのでしょう。
ドラマ観てなくても普通に楽しめる場所だと思います。
本当に気持ちのいい場所だと思いました。


春川(チュンチョン)名物タッカルビ

鶏肉に甘辛いたれが絡んでいて、それを野菜とかとモリモリ食べる料理。
このお店のはそんなに辛くなくて助かりました。
韓国人夫婦も辛いのあんまり得意じゃないそうです。

毎日辛いの食べるの?と聞いたら「まさか~。毎日そんなの食べてたら口の中も胃の中もおかしくなる。普段は日本と似たような感じだよ」と言っていました。
でも絶対キムチは毎日食べてると思うの。


〆は焼き飯で♪

死ぬほどお腹いっぱいの状態で次なる目的地へと我々は出発したのであった。

その2へつづく・・・

恐怖の日焼け(&へび)

急性咽頭炎、ようやく治りそうです。
5/21の日曜には汚い声がきちんと出るようになりました。
夜中に咳き込むようなこともなくなりました。
5/26現在、まだ声はおっさんテイストだしちょっと咳は出ますが、かなり良くなっています。

しかし今度は5/21(日)の夜から顔と首に謎のブツブツが!

小さなブツブツがプチプチと出ている感じ。
全体的に顔もほてっているような状態でした。
また、私は子供の頃からソバカス人間で、大人になるにつれ顔の中心部のソバカスは薄くなり、目尻側の頬骨あたりにまばらにあるるって感じなんですが、慣れてるせいか普段は気にしてないんです。
多分もうソバカスというよりそこはシミなんでしょうけど。

しかしその時はやけにそのシミも濃いな~って思ったんです。

急性咽頭炎で弱ってたから吹き出物出たかな?と思って月曜日は1日様子をみましたが、どうもただの吹き出物じゃないようで気になって火曜日に皮膚科に行ってきました。

抗生剤や漢方薬を飲んだ事、松の実を食べた事なども話しましたが、先生は「なんかよく日光に当たる?」「日焼けしたらすぐ黒くならないで赤くなるんじゃない?」と・・・。

確かに、ずっと引きこもっていたので体調がよくなった日曜日、天気も良くて気持ちよかったのでテラスのブランコで2時間くらい過ごしたんです。ひかげになってるから大丈夫だろうと思って日焼け止めすら塗らないスッピンで。

ひかげでも紫外線は50%は残ってるんですって!
しかも紫外線が強いとされる5月の快晴日。

「これね、多分日焼けだよ。やけどみたいになってブツブツが出てるんだと思うよ」

なんと・・・!!

塗り薬と飲み薬をもらいました。

「多分3~4日で治るよ。週が明けても治らなかったらまたおいで」

結局翌日の夜(水曜日)にはほとんど消えちゃいました。

シミ(ソバカスだと思いたい)も元の濃さに戻りました。
木曜日(つまり病院行って2日で)にはブツブツは完全に消え去りました。
ありがたいことに顔が日焼けで真っ黒とかにもなりませんでした。

今はそんな色白っぽくないんですが、子供の頃はすっごい色が白かったので、紫外線には弱いタイプらしいです。
日焼けしてすぐ黒くなる人は「サンタン」タイプ。
赤くなる人は「サンバーン」タイプ。
サンバーンタイプは日焼けがブツブツになって現れやすいみたいです。

そういえば高校生の頃にも同じようなことがあったな・・・と思い出しました。

母親がいつもすっぴんはダメだと言っていたんですが本当にその通りだと思いました。
これからはちゃんと紫外線対策をするようにします。
洗濯物干す時とかも。

母は昔から朝必ず化粧をする人なんです。70を超えた今でも。
そんですっごい肌きれいなんです。
シミはほとんどないし、シワもかなり薄い。肌も白いです。

せっかく母の遺伝も持っているはずなんだからちゃんとしなくちゃですわ。
お肌のケアをするのは大好きで、さぼったりとかいい加減とかではないんですが、家にいる時とかちょっとスーパー行く時とかの紫外線対策はかなりいい加減だったなと思います。
中庭でもよく過ごすし。当然すっぴんで。
ああもう最悪。何やってたんだ私。

きれいなおばさんを経てきれいなおばあちゃんになれるよう、これからは紫外線対策完璧にします!!

ちなみに敷地にヘビ出ました・・・。
田舎こわい。
主人はきゃーきゃー逃げて役に立たず、近くに住む主人の同級生が素手で(!)捕まえてくれました。
私は一生懸命懐中電灯で照らしていました。
暗くなってたし大騒ぎだったので種類がわからず。
マムシとかの毒蛇じゃありませんように。そんなのが近くをうろついてんの怖すぎる。

とりあえずヘビよけ剤を買ってきて撒きました。

韓国から帰って来てからというもの、心に平穏が訪れません。
声が出なくなったりブツブツが出たりヘビが出たり!!


そんな、ヘビが出て人間が大騒ぎだった頃・・・

ヘビ?!や~ん!!

お腹丸出し系女子

うん、ほっとする


これからヘビやらムカデやらそういったものたちとの終わりのない戦いが始まるのか・・・と鬱々としながら横を見ると・・・


可愛い・・・
しんのすけ、顔ぐちゃってなってるよ


10分後また横を見ると・・・


しんのすけ以外に変化が訪れていました。

ちなみにソファを猫に占領されて、人間は迫害されていたのでした。

主人のなんとか触れるものが「バッタ、カナブン、カブトムシ」しかないというのが大問題すぎる。
蛾もだめ、クモもだめ、Gは絶対だめ、へびなんて死んじゃう!レベル。
私もだめなんですけど!!結局いつも私が戦う羽目になるの辛い!!
プロフィール

merunosuke

Author:merunosuke
えったんです。子供の頃から猫と生活しています。
今は可愛い3匹の猫がいます。
拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード